タグ:ローン ( 2 ) タグの人気記事


水道ローン

住宅ローンを組む時に多くの人が使う住宅ローン控除ですが、お得な使い方をするためにも住宅ローン控除について下調べをしておきましょう。


一年間で利用できる住宅控除は、50万円が上限となっています。所得税額に住民税額(上限97,500円)を加えた数字か、年末に住宅ローン残高の1%かが、住宅ローン控除とされるお金となります。

自分の手元に一番多く還元される住宅ローン減税の控除額を探し出しましょう。
住宅ローン残高が年末にどのくらいになっているかについては、住宅ローンを利用した金融機関の発行する返済予定表から確認することが可能です。

源泉徴収票をチェックすれば所得税額はわかります。また、自営業を営んでいるという場合は、確定申告の資料でチェックできるでしょう。

また、同じ世帯の中で収入がある人が何人かいる場合は、計算の仕方が違いますので注意しましょう。夫婦がそれぞれ働いており、個別に収入があるならば、住宅ローン減税の対象に2人でなれることがあります。

減税の控除対象金額を高くすることができますので、その分得ができるわけです。主たる債務者と連帯債務者が夫婦であれば、住宅ローン控除の対象に2人でなれるでしょう。

ただし、夫婦が連帯保証関係にある住宅ローンでは、この方法で控除額を高くすることはできません。
公的ローンと民間ローンとでは、夫婦2人の収入を合わせた場合の取り扱いがかわってくる場合もあるので注意が必要です。

どのような条件下で住宅ローン減税の控除額が決定するのか、お得な減税措置を受けるためにも納得いくまで調べてみることです。
[PR]

by himi2500 | 2010-09-12 01:26 | 日記

ビジネスローン

ビジネスローンは資金が足りないときに役立つ金融サービスです。何か新しくビジネスをはじめたいとき、先立つものは資金です。ビジネスのための資金を作るのは案外大変なことです。


そのような大変なときにビジネスローンで、お金を借りることができます。会社をすでに経営していて更に事業を拡大したいときや、資金繰りに困るようなこともあるかもしれません。ビジネスローンは、ビジネスために使うお金を対象に資金を貸してくれるものです。


銀行や信用金庫などの金融会社が、お金を借りたい会社や事業主に対して融資するものが、ビジネスローンの特徴です。その中でも主に中小企業や零細企業、個人企業を中心に資金を貸し付けるのが、商工ローンと呼ばれるものです。ビジネスローンはお金を融資するに当たり、担保を取ったり保証人をつけるのが一般的です。


無担保だったり保証人の必要がないところも、最近のビジネスローンにはあるようです。気になるのは、ローンを組む際の金利や返済期間ではないでしょうか。いろいろとビジネスローンには形態があるので、金利もローンを組む会社によって異なるようです。


その結果として返済する金額も変わってくるので気をつけたほうが良いでしょう。ローン会社によって、審査期間や資料の提出など条件も違うこともあり、いろいろとお金を借りる際は調べるようにしなければなりません。


実際あったトラブルとしては、お金を審査が甘かったので借りたら、法外な金利を請求されたというものがあります。ビジネスローンは、よく確認し無理のない計画で利用して融資を受けることがおすすめです。
[PR]

by himi2500 | 2010-08-30 00:31
line

ニート女マキの日記


by himi2500
line